HOME > フィギュモクレイ

フィギュモバナー.jpg

フィギュアづくりに挑戦しよう!

 フィギュアは、人や動物などを模した小さな彫刻作品の総称で、日本では特に、漫画やアニメのキャラクターの人形や、様々なモノのミニチュア作品が流行しています。画像F-01.jpg画像F-02.jpg

石粉粘土・フィギュモクレイを使用した、フィギュアづくりの方法をご紹介します。

figureMake01.jpg①実際のサイズで下絵を描き、それに合わせて芯を組立てポーズをとります。アルミ線・針金などをペンチで加工します。胴にアルミホイルを巻いてもOK。

figureMake02.jpg②粘土を芯に薄く盛り付け、一度乾燥させます。手足はなるべく細く、太ももや胴体部は厚めに盛りつけると、後の作業が楽になります。

figureMake03.jpg③乾燥したら、余分な部分を刃物で削り、接着性を高めるため粘土を盛りつける部分に筆で水を塗ります。

figureMake04.jpg④水を付けながら粘土を盛り付け、指やへらで実際の形に近づけていきます。ここでひび割れも補正します。

figureMake05.jpg⑤乾燥させ、余分な部分を刃物や彫刻刀で彫ります。

figureMake06.jpg⑥更に紙ヤスリや棒ヤスリで削ります。その後、筆で湿らせて表面を滑らかにすることもできます。

figureMake07.jpg⑦顔、手指、服などの小さいパーツは、それぞれ少しの粘土を盛り付け、小さなへらで大まかな形に整えます。

figureMake08.jpg⑧乾燥してから、刃物や彫刻刀で細かく削り、ヤスリで滑らかにします。盛り→乾燥→削りを繰り返し仕上げます。

アドバイスポイント

●最初のスケッチは骨格を意識して正確に描こう!
●粘土は袋から少しずつ取り出して練って使おう!
●盛り→乾燥→削りを繰り返して形を修正しよう!
●完成したら着色し、ニスで仕上げよう!

フィギュアづくりの材料・道具

 フィギュアづくりに最適な商品をご紹介します。

figureGoods231397.jpg■品№ 231-397
■品名 フィギュモクレイ(高級石粉粘土) 350g
■価格 486円(8%税込)
●精密な作品に最適なモデリング用高級石粉粘土。チャック袋包装で保存にも最適です。
●乾燥硬化 芯材使用可 主成分…石粉

figureGoods231747.jpg■品№ 231-747
■品名 フィギュア用 アルミ芯
■価格 205円(8%税込)
●1/6~1/7スケール(約25cm)の人体ができます。曲げ、切断が容易で、錆びない芯材です。
●アルミ針金3mmφ、3本結束 全長330mm

figureGoods231749.jpg■品№ 231-749
■品名 フィギュア用 台座
■価格 151円(8%税込)
●3mm穴加工済の木製台座です。作品の固定・取り外しが可能で、フィギュア用アルミ芯を直接差し込めます。
●89×89×H9mm 3mm穴加工 上下各2か所 竹ひご付

つくりかた